年齢が出やすい部分|目元ケアでしっかり保湿

自宅でまつ毛を増量

マツエク

カールの種類

原則として美容師資格がないと、他人のマツエクの施術はできません。無資格のサロンが施術を行ない、目の痛みなどのトラブルを起こすケースも報告されています。しかし自分自身でマツエクをすることは可能です。セルフマツエク用のキットは、ネット通販などで簡単に入手できます。セルフマツエクは太さや長さを自由に選べるのが特徴です。マツエクのカールには大きく分けて3種類あり、好みに応じて選びます。最も穏やかなのはJカールで、自然な仕上がりになるため初心者にも向いています。最もボリュームが出るのはDカールで、目力は強くなりますが手入れは大変です。両者の中間的なカールがCカールで、現在では最も人気が高くなっています。

出費を抑えられる

サロンでマツエクをしてもらうと、1回5千円〜1万円ぐらいの費用がかかります。また材質によっても異なりますが、2〜3週間ほどで取れてしまうことが多いため、美しいまつ毛を維持しようとすると、結構な出費になります。自宅でマツエクができるキットは、サロン1回分の値段で1年ぐらい使いつづけられるため、経済的には大きなメリットになります。マツエクは高度なテクニックがないとできないので、自分で行なうにはある程度の練習が必要です。いきなり太くて重いエクステをつけようとせず、最初は短く軽いものを試してみましょう。上まつ毛より下まつ毛のほうが簡単です。初心者向けに、目にしみにくいグルーを使ったキットも発売されています。