年齢が出やすい部分|目元ケアでしっかり保湿

化粧品の必要性

女性

化粧品だけに頼らない

乾燥肌の対策に女性は化粧品を用いますが、塗り方にもコツがあり、肌をひっぱらないように顔の中心から外側へ、下から上へ、ソフトタッチで塗り広げます。乾燥が気になる時には、潤いを浸透させた後にメイクを施す工夫や、粉浮きしにくいおしろいで外的刺激から肌を守ることも1つの対策です。また、2・3年前の化粧品を未開封だからといって使用するのには注意が必要で、特に防腐剤フリーとなる無添加化粧品は早めに使い切ることが大切です。その他、乾燥肌対策の1つに保湿パックでケアを行うのはオススメされていますが、カサカサした粉ふき肌には剥がすタイプやクレイタイプとなる保湿パックは逆効果です。また乾燥肌は保湿ケアだけに頼らず、食べ物や保温性の高い衣類、紫外線から肌を守る帽子など、気配りする一工夫が健やかな素肌へ導く内容です。

カバーと守る働きかけ

乾燥する季節や洗顔後、入浴後に肌がつっぱったり、粉をふくなど、乾燥肌に肌質が移行する場合もあり、対策として重要視したいのは角質層の天然保湿因子やセラミド不足など、原因に合わせた乾燥肌対策です。肌の内部で水分を保つ働きを主に行っている成分ですが、外から補うには人の体内に存在する保湿成分であるヒアルロン酸・アミノ酸化粧品によるスキンケア対策が浸透性や吸収性からも適しています。セラミドなどの細胞間脂質を作る潤い成分は、継続したケアによって、肌自ら潤う肌へと変化させることができる特徴を持っています。また、肌表面を一時的にカバーするモノ、肌の内側に浸透して守るモノなど、化粧水・乳液・美容液などにはそれぞれに異なる働きが挙げられています。